医療について

社会医療法人の定義と種類と特徴

ここで言う社団、財団とは、法人の実体による区分のことで、簡単にいえば社団とは人の集まりを基盤にした法人、財団とは提供された財産を運営するためにつくられる法人となってます。社会医療法人の業務としては、本来業務では病院・診療所・老健施設の運営などの附帯業務では在宅介護支援センター、訪問看護ステーションなどの行為に附帯する業務、付随業務では施設内の売店、患者用の駐車場運営など行なう本来業務・附帯業務に附随して行う業務や収益業務、社会福祉事業を行なってます。法人は民法その他の法律によらなければ、設立することが出来ないようになってます。民間の法人の代表的なものは、いうまでもなく株式会社や有限会社等の会社ですが、医療はかけがえのない生命、身体の安全の直接関わるだけに、これら営利企業にゆだねるのは適当ではないとされてます。これを法律の上でみると、営利目的の病院、診療所の開設を許可しないこととなってます。営利を目的としないよう、医療法人は、剰余金の配当をしてはならないと厳格に規制されています。この非営利性が医療法人の最大の特徴となってます。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.