医療について

市販の医療品と病院での効き目の違い

みなさんは日常生活で医療品をお使いになっていると思いますが医療品には様々な種類のものがあります。その中でも皮膚の医療品について体験談を交えてお話ししたいと思います。私は数ヶ月前に体全体にかぶれのような症状が起こりました。そのときに私は近くの医療品を売っているお店で店員さんに症状を伝えてそして店員さんのその症状に合いそうな薬を見繕ってもらいそれを買ってから使っていました。それを使っていて確かに効果はありました。なにもしないときだとどんどんひどくなっていたのがその薬を使っている間はひどくならず少しずつ回復しているように思いました。けれど回復しているとはいえ、一ヶ月たっても治らず困っていました。そのときに私は病院で診てもらおうと思い病院へと行きました。そして実際に症状を診てもらい薬を処方してもらい服用していきました。すると病院でもらった薬を使い始めて3日ほどで効果が出始めて1週間もたったときにはほとんど治っていました。これらの経験を踏まえて伝えたいのは同じ症状に対する薬であっても効果の違いは薬によって大きく違い市販の薬が悪いわけではないのですがなかなか治らないときなどは病院で診てもらうことが大切だと思いました。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.